利用規約

STOCK POINT会員サービス利用基本規約

STOCK POINT会員サービス利用基本規約(以下「本規約」という)は、STOCK POINT株式会社(以下「当社」という)が提供する株価連動ポイントサービス(以下「本サービス」という)についての利用条件を定めるものです。当社が本サービスを円滑に運営するために、必要に応じて当社ホームページ上等で別途定める規定、注意事項、その他本サービスの利用に関する諸規定は本規約の一部を構成します。


第1条(定義)

1. STOCK POINT会員(以下「会員」という)とは、本サービスを受けるために本規約に同意の上、当社が定める所定の手続きにより会員登録を申し込み(以下「会員登録」という)、当社が承諾した者をいいます。
2. STOCK POINT(以下「SP」という)とは、本サービスの中で当社が発行するポイントの総称です。


第2条(SPの種類と仕組み)

1. SPには以下の種類があります。
(1)指定SP
SPの発行およびそれに付随するサービス提供を承諾した企業(以下「スポンサー企業」という)と当社の間で締結した契約に基づき当社が発行する、スポンサー企業等の株価に関連付けられたSP。もしくは、当社が定める特定の企業の株価、または金融商品に関連付けられたSP。
(2)フリーSP
当社が任意に発行し、指定SPに交換する機能等を持つ、株価に連動する機能を持たないSP。
フリーSPの有効期限や指定SPへの交換条件等は、発行の都度当社が定めるので、会員は都度条件をご確認ください。
2. SPの仕組み詳細については、別途当社ホームページ等に記載する「STOCK POINTについて」をご確認ください。


第3条(個別規約の承諾)

1. 会員は、SPを取得するにあたり、SP取得にあたっての規約(以下「個別規約」という)の承諾が必要な場合は、これに承諾しないとSPが取得できない場合があります。
2. 個別規約は、必要に応じて変更することがあり、会員はこれをあらかじめ承諾した上で本サービスを利用するものとします。


第4条(会員登録の方法)

1. 本サービスの利用には、会員登録希望者は、当社が定める方法で情報(以下「登録情報」という)を当社に提供し、当社が承認して会員登録した場合に会員登録が完了します。会員登録が完了すると、本サービスを受けるための会員を特定するために必要なID及びパスワード等(以下「認証情報」という)が確定し本サービスが利用できます。認証情報には、会員が利用するスマートフォン等のデバイス内で管理される個人を特定する秘密キー情報も含まれます。
2. 当社が定める審査基準に合致しない場合、または当社が不適当と考える場合には、会員登録希望者へ理由を開示することなく、当該登録を承認しないことができるものとします。
3. 当社が会員登録希望者の会員登録申請を承認し、会員登録が完了すると、会員は本サービスの利用を開始することができます。


第5条(登録情報管理と認証情報)

1. 会員は自己の責任と費用負担によって、認証情報の管理を行うものとし、認証情報を第三者に利用させ、または第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をし、公開等してはならないものとします。
2. 当社以外の第三者または会員に起因する情報の漏洩、利用上の過誤、第三者の利用、不正アクセス等による損害の責任は会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。万一、認証情報が不正に利用されたことにより当社に損害が生じた場合、会員は当該損害を賠償するものとします。
3. 会員は、登録情報に変更が生じた場合、当社が定める方法により、直ちに登録情報の変更手続きを行うものとします。
なお、登録情報の変更手続きの遅延等により会員に不利益が生じた場合、当社はその責任を一切負わないものとします。


第6条(登録情報・個人情報)

登録情報の利用目的、個人情報の取扱の委託、個人情報の第三者提供、個人情報の利用目的の通知・開示・訂正・追加又は削除、個人情報提供の任意性、Cookie(クッキー)及びSSLの利用についてはアプリ内の「個人情報の取扱に関する同意のお願い」を参照するものとします。


第7条 (通知及び連絡等窓口)

1. 当社から会員に対する本サービスに関する通知は、会員の登録したメールアドレスもしくはスマートフォン上のプッシュ型の通知機能、または本サービスの通知機能が提供するメッセージ機能等を利用する方法により行うものとし、当該方法による通知をした時点で、当社から会員に対する通知は完了したものとみなします。会員が当該通知を確認せず、または会員の登録情報の誤りにより通知ができなかったことにより会員に損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
2. 本サービスに関するご連絡・お問合せ等は、当社ホームページ等のサイト上にある「STOCK POINTお問い合わせ窓口」から、所定の手続きにてご連絡ください。


第8条(退会等)

1. 会員は、当社が定める方法により、いつでも本サービスの利用を終了し、本サービスから退会することができるものとします。ただし、本サービスのシステムの都合上、会員による退会手続きが完了してから、その手続きがシステム上反映されるまで当社所定の時間が必要な場合があり、会員はこれを承諾するものとします。
2. 会員は、本サービスから退会した場合、会員が保有するSPは全て消滅し、本サービスを受ける権利、電子メール等による情報の提供を受ける権利、キャンペーンやアンケート等による当選の権利等を含め、会員としての一切の権利を失うものとします。
3. 当社は、会員が次の各号のいずれかの事由に該当する場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合、会員へ事前に通告・催告することなく、かつ会員の承諾を得ずに、当社の裁量により直ちに、当該会員に対して、本サービスの全部または一部の利用停止、退会処分、その他当社が適切と判断する措置をとることができるものとします。
(1)本規約に違反した場合
(2)登録情報に虚偽、過誤がある場合
(3)登録された電子メールアドレスが機能していないと判断される場合
(4)当社が定める一定期間ログインがされない場合
(5)第三者になりすまして会員登録を行った場合
(6)第19条に定める禁止事項を行った場合
(7)会員が死亡した場合
(8)その他、当社が会員として不適切と判断した場合
4. 前項の場合において、当社が何らかの損害を被った場合、会員は当社に対して当該損害を賠償するものとします。
5. 当社は会員に対して、第3項に定める措置をとる場合、その理由を開示する義務を負わないものとします。


第9条 (本サービスの提供形態)

1. 当社は提供する本サービスの形態として、本サービス利用のためのスマートフォンアプリケーション(以下「SPアプリ」という)を会員のスマートフォンにダウンロードする方法、又は本サービス利用のためのWEBサイトにアクセスする方法にて、随時本サービスを提供することができるものとします。また、本サービス利用のための各種情報は当社のホームページ等から参照可能であり、また当社からの電子メールやスマートフォン上のプッシュ型の通知機能、または本サービスの通知機能が提供するメッセージ機能等(以下「情報提供手段」という)を利用する方法により行います。
2. 会員は、SPアプリの利用および情報提供手段についてその表示環境その他のインターネット接続環境、ならびにメールソフトやスマートフォンアプリケーションの種類及び設定について、当社の推奨環境に従うものとします。
3. 当社は、会員に対し、サーバー障害やサービス更新等が発生した場合の情報を電子メールの送信、またはスマートフォン上のプッシュ型の通知機能、または当社が別途指定するウェブサイトに掲示する方法等により通知することができます。
4. 会員は、本サービスを受ける際に発生する通信端末等によるメール受信、ウェブサイト閲覧その他の通信の際に必要な一切の通信費用は会員が負担するものとします。
5. 当社は、会員の事前の承諾なく、本サービスを利用して広告等を掲載することができるものとします。
6. 会員は、理由の如何を問わず、会員に事前の通知・催告をすることなく、本サービスに関して、内容の全部または一部の変更、提供頻度の変更、休止、廃止をすることができるものとします。ただし、本サービスの全てを廃止する場合には、当社が適当と判断する方法で、会員に対し、事前にその旨を通知または本サービスもしくは当社が別途指定するウェブサイト上等で告知するものとします。


第10条 (SPの取得)

1. 当社は、指定するサービスにおいて、当社所定の方法に従い、商品の購入、サービスの利用、ポイント交換パートナーサイトからのポイント交換申請、スポンサー企業のサービスへの登録、その他当社が別途定める行為(以下、「SP取得対象取引」という)を行った会員に対し、当社所定の条件(以下、「SP取得条件」という)に従いSPを付与することができるものとします。
2. SP取得対象取引の種類、内容、その他SP取得条件は当社が定めるものとし、当社はこれらをいつでも追加または変更し、SP取得対象取引の全部または一部を終了させることができるものとします。
3. 会員は、SP取得対象取引を行うことを希望する場合、当社による承認を受ける必要があり、当社の承認によって、SP取得に関する契約が成立するものとします。ただし、承認を行うか否かは、当社の裁量によるものとします。
4. SP取得対象取引が不承認となった場合、SPの取得に関する契約は不成立とし、当社はその旨を当社が定める方法により会員に通知します。
5. SPの取得に関する契約が有効に成立したか否か、これに基づき取得できるSP数、その他SPの取得に関する最終的な判断は、当社が定める条件によって当社が行うものとします。
6. 当社は、会員が取得できるSP数について、SP取得対象取引ごとに上限を設定する場合があります。この場合、当社は、上限が適用される指定期間、指定回数、数量等の条件を、SP取得対象取引ごとに設定します。
7. ユーザーは、SPを、法定通貨等を対価として購入することはできません。


第11条 (SPの利用)

1. 会員は、自らが保有するSPを、当社所定のサービスにて利用、金銭や商品等への交換、もしくはスポンサー企業またはその他のポイント交換パートナーの発行する仮想通貨、プリペイドカード、ポイント、その他各種商品等への交換、さらに当社があらかじめ定めた条件によりスポンサー企業等の株式や金融商品に交換(以下「SP利用」という)できるものとします。
2. 会員がSP利用を希望する場合、当社所定の手続きに従い、SP利用を申請し(以下、「利用申請」という)、当社による承認を受ける必要があり、当社の承認あるいは当社が定めるSP利用の条件によってSPの利用に関する契約が成立するものとします。
3. 会員による利用申請が不承認となった場合、SP利用に関する契約は不成立とし、当社はその旨を別途定める方法により会員に通知します。
4. SP利用対象取引の種類、内容、SP利用対象取引の支払いに必要なSP数、その他SP利用の条件(以下、「SP利用条件」といいます)は当社が定めるものとし、当社はこれらをいつでも追加、変更または終了させることができるものとします。
5. 会員は、SP利用対象取引を行う場合、当社に必要情報等を届け出るものとします。
会員は、自らの保有するSPの利用申請をした後に、当該利用申請を取消し、または申請内容を変更することはできないものとします。また、会員は、一度利用したSPの返還または払い戻しを受けることはできないものとします。
当社は、会員が利用できるSP数について、SP利用対象取引ごとに上限を設定する場合があります。この場合、当社は、上限が適用される指定期間、指定回数、数量等の条件を、SP利用対象取引ごとに設定します。詳細は、SPアプリからご確認ください。
6. SP利用の請求において配送が必要な商品への交換が成立した場合には、氏名、住所、電話番号等の必要な情報が会員から当社に提供されて、この情報に基づき当社から発送して会員が受領することが必要です。発送後、一定期間を過ぎてもお受け取りいただけない場合は、当該SPの利用は無効となります。また、この場合にはSPは一度利用されたものとして返還または払い戻しを受けることはできないものとします。
7. SP利用において会員がSPのスポンサー企業等の株式等金融商品への交換(以下「株式交換」という)の請求する場合には、事前に当社が定めた証券会社に証券口座が開設されている必要があります。証券会社口座の開設にあたっては、会員の責任および会員自身の手続きにより開設するものとします。
8. 株式交換についてのサービス利用は、基本的には1株以上1株単位となり、1株未満のサービス利用は申請できませんが、別途当社が定める基準がある場合にはそれに従います。また、株式あるいは金融商品への交換においては、会員の証券口座がある証券会社の審査基準によっては交換ができない場合がありますが、その理由は会員に開示されません。また、交換できなかった事実について当社が正確に把握できた場合には、交換対象となったSPは会員に当社が決めた方法で会員に返還されます。
9. 当社は、証券口座の開設および証券口座への株式との交換処理において、当該証券会社が定める取引約款に準拠することを前提として、会員の証券取引には一切関与せずにいかなる責任も発生いたしません。


第12条 (SPの交換)

1. 会員は、当社が交換可能と指定しているSPについて自らが保有する交換可能なSPを、当社所定の手続きにて異なる交換可能なSPと交換する(以下「SP交換」という)ことができます。
2. 2. 前項の場合のSP交換は、交換を希望する会員同士の合意によって成立します。当社は、交換の媒介やあっせんは一切行いません。SPの交換申請を当社所定のサービスにて申請すると、その内容の訂正や取り消しはできません。また、SP交換を、有償で交換することはいかなる理由においても禁止します。
3. SPの交換ができるSPの種類は、当社が定める方法によって特定されます。また、ポイントの交換は当社が定めるポイント数同士で行います。当社が定めるSP交換基準によって、SP交換が不成立になった場合は、その事実を会員に知らせるとともに、交換対象として登録していたSPを当社が決めた方法で会員に返還されます。
4. SPの交換申し込みは当社が別途定める期間内のみ有効です。不成立の場合は交換対象として登録していたSPを当社が決めた方法で会員に返還されます。


第13条 (SPの管理・照会)

1. 会員は、スマートフォンアプリ上で取得または利用したSP数及び残高を照会すること(以下「SP照会機能」という)ができます。会員は、SPを取得または利用申請した場合、SP照会機能を、適宜確認するものとします。
2. 当社は、会員のSP数が、プログラムの不具合等により、利用明細上に正しく表示されなかった場合は、当社の権限によりこれを調整し、正確なSP数表示に変更することができます。
3. 利用明細の履歴は、当社が定める内容・期間について表示します。


第14条 (SPの失効等)

1. 会員が保有するフリーSPには有効期限があり、有効期限が過ぎたフリーSPは失効するものとします。
2. SPの有効期限は、SPの種類および取得方法によって異なり、当社は当該有効期限について、当社所定の方法で会員に通知します。
3. 当社は、次の各号のいずれかに該当すると当社が判断した場合、SPの取得後または利用後であっても、当該会員に対して付与を予定しているSPを付与せず、付与済みのSPの全部もしくは一部を失効させ、SP取得対象取引もしくはSP利用対象取引を取り消し、または必要に応じてSPの額を修正・変更することができるものとします。
(1)SP取得対象取引またはSP利用対象取引が無効または取消の対象であることが判明した場合
(2)会員が不当な目的・手段または事実と異なる申告によりSPを取得し、あるいは利用した場合
(3)会員が本規約に違反した場合
(4)SPの取得またはSP利用の経緯または内容から、その付与または利用が当社または会員の錯誤、過誤または誤解等に基づくものと判断できる場合
(5)プログラムの不具合、人為的ミス等の事情によってSPの付与、利用または管理が正常または適切に行われなかった場合
(6)前各号のほか、SPの取得、利用または管理が不適切であると当社が判断した場合


第15条 (税金及び費用)

SPの取得または利用にともない、会員に税金や付帯費用が発生する場合には、会員が会員の責任において処理するものとします。


第16条 (キャンペーン・アンケート等)

1. 当社は、会員に対して、サービスの一環として、キャンペーン及びアンケート等を随時実施することができるものとします。
2. 会員によるキャンペーン及びアンケート等の回答内容について発生する著作権等の知的財産権その他一切の権利については、会員が当社に回答を送信した時点をもって当社に移転するものとし、当社は回答内容に含まれる情報を、別途定める登録情報・個人情報の取扱に準じて利用するものとします。
3. キャンペーン及びアンケート等を実施した場合、会員のうち当社が別途指定した者(以下、「当選者」といいます)に対して、プレゼント等を提供することがあります。
4. キャンペーンまたはアンケート等に参加しようとする会員は、当社に対して、当社の指定した方法によって、プレゼント等を提供するために必要な情報を登録しなければならないことがあります。
5. 前項の登録がなされない場合もしくは虚偽の情報を登録した場合またはその可能性があると当社が判断した場合、当選者はプレゼント等を受け取ることができないものとします。
6. 当社は、プレゼント等の提供・不提供または前項に起因して当選者に損害が発生した場合であっても、これを賠償する義務を負わないものとします。
7. 会員は、プレゼント等に関する一切の権利・義務または地位について、第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。


第17条 (ポイント交換パートナーまたはスポンサー企業との連携)

1. 当社は、本サービスとポイント交換パートナーまたはスポンサー企業のサービスとを相互リンクすること等により、ポイント交換パートナーまたはスポンサー企業との提携やポイント交換パートナーまたはスポンサー企業以外の当社が定めたパートナー企業の広告掲載等の連携(以下「連携サービス」という)ができるものとします。
2. 連携サービスを経由して本サービスを知った会員登録希望者は、連携サービスと本サービスが別のサービスであることを認識し、連携サービスの利用規約等とは別に、本規約に同意し、会員登録するものとします。
3. 本サービスを経由して連携サービスを知った会員は、連携サービスと本サービスが別のサービスであることを認識し、本規約とは別に、連携サービスの利用規約等がある場合にはこれに同意した上、連携サービスが定める方法により、連携サービスを利用するものとします。
4. 会員は、自己の責任と費用において、連携サービスを利用するものとし、当社は、会員による連携サービスの利用、及び会員が連携サービスから受領する情報に関して、一切の責任を負わないものとします。


第18条 (知的財産権等)

1. 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権は、会員が自ら作成したもの(本条第2項に掲げる場合を除きます)に関する権利を除き、当社または当該権利を有する第三者に帰属しています。
2. 当社は、会員が本サービスにおいて投稿、アップロードまたは保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営及び改善を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、会員はこれに同意するものとし、著作者人格権を行使しないものとします。
3. 会員は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。


第19条 (禁止事項)

1. 会員は、本サービスの利用にあたり、次の各号の行為またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
(1)当社または第三者の著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権を侵害する行為
(2)他の会員、当社または第三者に何らかの損害を発生させ、その他一切の不利益を与える行為
(3)犯罪行為または犯罪行為に結びつく一切の行為
(4)反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
(5)公序良俗に反する行為
(6)法律、法令等に違反する行為
(7)当社の承認を得ずに行なわれる、営利を目的とする行為
(8)本サービスのサーバーやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為
(9)本サービスの不具合(プログラムの不具合、人為的ミス等による誤表示、誤作動等を含みますが、これらに限られません)を利用する行為
(10)類似または同様のお問合せを必要以上に繰り返す等、当社に対し不合理な要求をする行為
(11)当社による本サービスの運営または第三者による本サービスの利用を妨害し、または誹謗中傷する行為
(12)当社または本サービスの名誉または信用を失墜させ、毀損する行為
(13)虚偽の情報を提供、登録または掲載する行為
(14)自らが保有するSPを、第三者に対し共有、合算、譲渡、承継、貸与、質入れまたは担保供与その他の方法により利用させまたは処分する行為
(15)会員登録希望者または会員の登録情報、認証情報等を不正に利用する行為
(16)上記(1)から(15)までのいずれかの行為に該当する行為を援助または助長する行為
(17)その他、当社が不適切と判断する行為
2. 会員が前項各号のいずれかに違反した場合、当社は、当該会員のSPを失効させたうえで、退会処分とします。また、その行為により当社が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含みます)の賠償を請求できるものとします。


第20条 (本サービスの停止・中止・終了)

1. 当社は、次の各号の事由に起因する場合、本サービスの全部または一部を停止することができるものとします。
(1)当社が、定期的または緊急に、本サービス提供のためのコンピュータシステムの保守・点検を行う場合
(2)火災・停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が著しく困難となった場合
(3)戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、本サービスの運営が著しく困難となった場合
(4)本サービス提供のためのコンピュータシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピュータウイルスの感染等により本サービスを提供できない場合
(5)法律、法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合
(6)当社が会員に対し、事前に電子メールその他の手段により、合理的な範囲で周知した場合
(7)その他、当社が止むを得ないと判断した場合
2. 当社は、前項により本サービスの運用を停止する場合、合理的な範囲で、事前に電子メールあるいはスマートフォンへのPUSH型通知、またはその他の手段により、会員に対し、その旨を通知するものとします。ただし、緊急の場合は、この限りではありません。
3. 当社は会員に対し事前に通知しまたは会員から承諾を得ることなく、いつでも任意に、本サービスの内容または名称を変更することができるものとします。


第21条 (免責)

1. 当社は、本サービス内に含まれる一切の情報について、その合法性、正確性、適切性、妥当性、道徳性、権利許諾の有無を保証しないものとします。
2. 当社は、本サービスにおいて、会員相互間及び会員と第三者との間で生じた一切のトラブル(違法または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、当社に故意または重過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。
3. 当社は、本サービスにおいて配信される広告情報の内容が、会員もしくは第三者の権利を侵害し、または権利の侵害に起因して紛争が生じた場合であっても、当社に故意または重過失がある場合を除き、その侵害及び紛争に対して責任を負わないものとします。
4. 当社は、第20条第1項による本サービスの停止・中止・終了または同条第3項による本サービスの変更に起因して会員に発生した一切の損害(情報等の消失に起因する損害を含みますが、これに限られません)について、当社に故意または重過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。
5. 当社は、会員が使用する通信端末、回線、ソフトウェア等の環境等またはコンピュータウイルス感染等に起因して生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。なお、当社は別途定める方法により、会員に対して、当該環境等について告知をすることがあります。
6. 連携サービス提供企業と会員との間の一切の取引(連携サービスの利用のほか、懸賞等のプロモーション参加を含みます)については、当該連携サービス提供企業と会員の責任においてなされるものとし、当社は当該取引に関する責任を負わないものとします。
7. 当社は、前各項に掲げるほか、本サービスの利用に起因して会員に発生した一切の損害について、当社に故意または重過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。


第22条 (権利義務の譲渡等禁止)

会員は、当社の書面による事前承諾なしに、本規約に基づく一切の権利または義務について、第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。


第23条 (本規約の改訂)

当社は、随時本規約を改訂することができるものとします。
当社は、本規約を改訂しようとする場合、登録された電子メールまたは本サービスに関するウェブサイトへの掲示その他当社が定める方法により随時、会員に告知します。
本規約の改訂を告知した日から当社が定める期間内に会員が退会しない場合、当社が定める期間が経過した時点で、当該会員は本規約の改訂に同意したものとみなされ、当該会員と当社との間で改訂後の規約の効力が発生します。
会員は、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知または不承諾を申し立てることはできないものとします。


第24条 (協議・専属的合意管轄裁判所)

当社と会員は、本サービスに関連して会員、当社、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
本規約または本サービスに関する一切の訴訟その他の紛争については、訴額に応じ、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。


第25条 (準拠法)

本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。



STOCK POINT会員サービスに係るPontaポイント運用サービス個別規約

STOCK POINT会員サービスに係るPontaポイント運用サービス個別規約(以下「個別規約」という)は、STOCK POINT会員サービス利用基本規約(以下「基本規約」という)第3条に基づき、STOCK POINT株式会社(以下「当社」という)が提供する個別規約第1条第1項に定める本個別サービスについての利用条件を定めるものです。当社が本個別サービスを円滑に運営するために、必要に応じて当社ホームページ上等で別途定める規定、注意事項、その他本個別サービスの利用に関する諸規定は個別規約の一部を構成します。なお、個別規約に定めのない事項については、基本規約に従うものとし、基本規約と個別規約の内容に相違がある場合は、個別規約の定めが優先して適用されるものとします。また、個別規約において使用される用語は、個別規約に別段の定めがある場合を除き、基本規約に定義される意味を有するものとします。


第1条(定義)

1. 「本個別サービス」とは、当社が提供する株価連動ポイントサービスのうち、「Pontaポイント運用Powered By STOCK POINT」をいいます。
本個別サービスの詳細は、「Pontaポイント運用Powered By STOCK POINT」Webサイトにアクセスしていただくことでご確認いただけます。 
2. 「本個別サービス会員」とは基本規約、「STOCK POINTについて」及び個別規約を承諾のうえ、当社所定の手続きにより本個別サービスの利用申請をし、当該利用申請を当社が承諾した個人をいいます。
3. 「連携資格」とは、本個別サービス会員がPontaWeb認証システムを通じてPonta会員情報との紐づけを行うことにより付与される資格をいいます。連携資格の付与により、本個別サービス会員は、SPとPontaポイントを相互に交換することができます。
4. 「本個別サービス会員情報」とは、本個別サービス会員が当社に届け出た事項及び本個別サービス会員による本個別サービスの利用等に関して当社が取得、記録した情報等をいい、個別規約第3条第1項に定めるものをいいます。


第2条(ポイント交換パートナー)

本個別サービスにおいて、基本規約に規定する「ポイント交換パートナー」は、「株式会社ロイヤリティ マーケティング」(以下「LM」という)とします。


第3条(本個別サービス会員情報)

1. 当社は、《個人情報の取扱に関する同意のお願い》及び次条に定める利用目的のため、以下のような本個別サービス会員情報につき保護措置を講じた上で適法かつ公正な手段により取得・利用します。
(1) 属性情報  本個別サービス会員が当社に届け出たEmailアドレス、ニックネーム等本個別サービス会員の属性に関する情報(その他利用申請時及び利用申請後に本個別サービス会員から通知を受ける等により、当社が知り得た変更情報を含みます。以下同じ。)
(2) 契約情報  利用申請日、本個別サービス会員ID番号・Ponta会員ID(以下併せて「会員ID」という)等の契約内容に関する情報
(3) 本個別サービス利用情報  SP発行・変動履歴(指定SP・フリーSPの別、指定SPの該当銘柄の内容、SPの数量等を含みます。)、SP交換履歴(指定SPとフリーSPとの交換、SP とPontaポイントとの交換等を含みます。)等の本個別サービス利用に関する情報
(4) お問い合わせ窓口等への問い合わせに関する情報  当社又はLMのお問い合わせ窓口等への問い合わせの際の音声情報やEメール等の情報
(5) 当社、LM、スポンサー企業、広告サービス配信事業者等のWebページを利用・閲覧した場合の、閲覧したページ、広告の履歴、閲覧時間、閲覧方法、端末の利用環境、クッキー情報、IPアドレス、位置情報、端末の固体識別番号等の情報
(6) モバイル端末による位置情報
(7) その他上記各号に定める情報に関連する情報
2. 当社は、《個人情報の取扱に関する同意のお願い》及び次条に定める利用目的達成のために必要な範囲で業務を他の企業に委託することがあります。その場合には、当社は、当該委託業務の処理に必要な範囲で、本個別サービス会員情報の保護措置を講じた上で本個別サービス会員情報を委託します。


第4条(本個別サービス会員情報の利用目的)

当社は、以下に掲げる利用目的のために本個別サービス会員情報を利用いたします。
(1) 本個別サービスの円滑な運営(SPとPontaポイントの相互交換を含みます。)のため。
(2) 本個別サービス会員に対して、電子メールを含む各種通知手段によって、本個別サービスのご利用・停止・中断・終了に関連して必要な連絡等を行うため。
(3) 本個別サービス会員に対して、電子メールを含む各種通知手段によって、本個別サービス等に係る各種キャンペーンやイベントの案内や当社及び当社が適切と判断した企業の様々な商品情報やサービス情報その他の営業案内又は情報提供を行うため。
(4) 本個別サービスの利用状況、会員IDの利用状況の調査及び分析その他のマーケティング分析(個人を特定できないよう加工した分析結果を第三者へ提供する方法等によりマーケティングに活用することを含みます。)を行うため。
(5) 本個別サービス会員の皆様からのお問合せ、苦情等に対し適切に対応するため。
(6) 本個別サービスの提供又はこれに関連する業務の遂行のために必要な範囲でLM、LMの提携企業又はスポンサー企業(以下「LMら」という)に第三者提供を行うため。
(7) 当社のWebサービスの内容改善による利便性の向上及び、本個別サービス会員に対して興味・関心度の高い情報を適切なタイミングで提供するため。
(8) 当社のWebの広告主、広告配信サービス事業者及びLMの提携企業に対して、個人を特定できない状態で、会員の属性情報(性別、生年月、郵便番号等)を提供し、会員に対して興味・関心度の高い情報を提供するため。
(9)その他上記各目的に準ずるか、これらに密接に関連する目的のため。


第5条(本個別サービス会員情報の提供)

当社は「個人情報の取扱に関する同意のお願い」及び前条に定める利用目的を達成するために必要な範囲内において、本個別サービス会員情報をLMらに提供する事があります。LMらは、提供を受けた本個別サービス会員情報を当該利用目的のために利用することができるものとします。


第6条(退会、連係資格の変更・喪失、SPの失効等)

1. 本個別サービス会員は、本個別サービスの退会を当社に対して申請することができ、当該申請が当社により承認された場合には、連携資格も同時に喪失します。
2. 本個別サービス会員は、PontaWeb認証システムを通じて、本個別サービスの連携資格の変更を申請することができ、PontaWeb認証システムにおける認証が完了した場合には、当社は従前の連携資格を喪失させるとともに、新たな連携資格を付与します。また、本個別サービス会員が連携資格の変更前に保有していたSPは変更後の連携資格に引き継がれます。
3. 基本規約第8条第3項に該当する場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合、本個別サービス会員へ事前に通告・催告することなく、かつ、当該本個別サービス会員の承諾を得ずに、当社の裁量により直ちに、連携資格の停止、喪失、その他当社が適切と判断する措置をとることができるものとします。
4. Ponta会員規約1章第8条によりPonta会員証の使用が停止・除名がされた場合、連携資格も同時に停止または喪失します。
5. 当社は本条第3項の措置をとる場合、当該本個別サービス会員に対してその理由を開示する義務を負わないものとします。
6. 本個別サービス会員が、本条第1項から第4項により連携資格を喪失した場合、資格喪失時に当該本個別サービス会員が保有するSPはすべて失効します。


第7条(本個別サービスの停止・中止・終了)

1. 当社は、本個別サービスの全部または一部を停止・中止・終了することができるものとします。その結果、本個別サービス会員に損害が生じた場合でも当社は一切責任を負わず、何らの補償も行いません。
2. 当社が、前項に基づき本個別サービスを終了する場合、終了時に本個別サービス会員が保有するSPが失効することがあります。なお、本個別サービスを終了する場合、原則として当社は事前の公表又は本個別サービス会員への通知を行います。



STOCK POINTについて

1.STOCK POINT(以下、「SP」という)の種類

当社が発行するSPは以下の2種類とする。
(1)指定SP
当社が定める上場企業株式の株価等と関連付けられたSPで、その関連付けられた株価等に連動してポイント数が変動する。
指定SPを保有している会員は、会員の選択によりあらかじめ定められた景品類等に指定SPを交換することができる。景品類等は例えば、当該関連付けられた株式等、プレゼント商品、別の提携先のポイント交換等であり、当社が当該指定SPに対して設定した景品類となる。会員は規定のポイント数に達しているポイントとの交換によって景品交換請求ができる。
(2)フリーSP
当社が発行対象行為、発行数量、発行時期、発行対象会員、有効期限等を決定し会員に対し発行するSPで、フリーSPのポイント数は変動しない。
フリーSPを保有している会員は、当社が指定した指定SPまたはあらかじめ定められた景品類等に、フリーSPを交換することができる。
フリーSPは、当社がフリーSPについて定める有効期限までに指定SPに交換されない場合は、フリーSPは失効する。


2.指定SPの発行及び会員への付与

(1)指定SPの発行
会員からの指定SPの発行申請は、証券営業日の14:30に日次で締め切りを行い、そこから当社内でSP発行および当該SPに対応する株数の確定処理を行い、16:00頃を目安に、
  発行付与SP数の確定(同時に当該SP数に対応する株数も確定)
  なんらかの理由で発行付与できなかったSP数の確定
を決定し、会員に通知する。
会員からのオペレーションで当社アプリ側にて受け付ける、ポイント発行依頼や景品交換申請等のリクエストは、当社アプリ側で常に受け付け状態でいるが、それらが確定されるのは上記の通り、例外時以外は証券営業日内の1日1回となる。
(2)発行SP数に対応する株数
発行SP数(1SP=1円換算。当社が別途定めるポイント交換レートに従う。)に対応する株数は、発行SP数を当日の終値株価で除した数(小数点11位以下を切り捨て。)とする。
(3)前証券営業日の確定処理時点で会員が保有していた指定SP数は、原則として、前証券営業日の確定処理終了時点で会員が保有している指定SP数に、当日の株価(終値)の(騰落率+1)を乗じて得たSP数となる。この時計算されるアプリ表示上のSP数は、当社にて決められている方式(小数点第3位以下四捨五入)で端数処理を行う。


3.指定SPの株式等への交換

(1)指定SPの株式等への交換には、会員は当社が指定する証券会社に口座を保有していることが前提となる。
(2)会員が、指定SPから当該指定株式等への交換申請があった場合には、交換申請受付確定処理は、証券営業日の12:30に日次で締め切りを行い、そこから当社が指定する証券会社と移管手続きに入る。移管株数は、会員が申請した株数が移管対象となり、会員からの申請時点で、交換として使われたSP数は当社が別途定める株式交換比率に従って減額される。
(3)一方、証券会社への移管手続きが完了しなかった場合(証券会社側の都合あるいはなんらかの理由で移管不可となった場合)には、申請時に減額されたSP数に対応する株式数とそれに対応するSP数が会員に対して復活する。
(4)交換成立、あるいは不成立の場合はいずれの場合も会員に対して通知を行う。


4.SPの株式等以外への交換

(1)会員が、SPから設定されている景品交換申請があった場合には、景品交換申請受付は、証券営業日の14:30に日次で締め切りを行い、交換申請確定は16:00頃を目安に正式に確定する。
会員からの交換申請から交換申請確定までの間は、景品交換で申請に使われたSP数は使用予定ポイントとして表示され、交換申請確定時点で使用予定ポイントのSP数が消滅して景品交換申請が成立し、受け渡しの実作業が開始される。
(2)会員の交換申請時点では当該景品交換に達したSP数を保有していた場合でも、交換申請確定時であらたに評価されたSP数が交換申請に必要なSP数より少なくなっていた場合(株価が下落した等)には、当該交換申請は不成立となり、保有しているSP数は消滅しない。
(3)交換成立、あるいは不成立の場合はいずれの場合も会員に対して通知を行う。


5.SP会員の退会、SPの失効

(1)会員自身が申請してSPから退会する場合、あるいは、当社が定める規約に反する行為が行われた等で強制退会となる場合には、SP社は退会日にその会員の保有するSPをすべて失効する(ゼロになる)とともに、会員資格も消滅させる。
(2)当社が、特定の指定SPサービスを終了する場合には、当該サービスの終了日をもって当該指定SPは失効する。


6.SPの該当銘柄が、上場廃止等になった場合

(1)監理銘柄の指定
監理銘柄への指定があった場合には、当社から会員に向けて「監理銘柄となったこと」を通知した上で、「監理銘柄から整理銘柄になった段階でSPが失効すること」を合わせて通知する。
SPの運用について(発行や付与、株式交換等)は通常通りとする。
(2)整理銘柄の指定日
整理銘柄に指定された日に、当該銘柄SPはすべて失効する。


7.SPの該当銘柄が、銘柄の株式分割・併合を行った場合

(1)株式分割あるいは併合の場合は、それについての実施が事前に発表される。
この発表日に、実際の分割併合日の相当期間前からの当該株式の株式交換の受付を一旦停止することを会員に通知する。また、同時に、分割併合日(権利落ち日)の前営業日から翌営業日までの間は、当該SPの発行と付与、あるいは交換を一旦停止する。
(2)分割併合日の当日、14:30以降に、会員保有の当該SP数に対応する株数の分割併合処理を実施し、確定後の対応する株数を通知する。


8.SPの該当銘柄が、ストップ高あるいはストップ安になった場合

ストップ高あるいはストップ安、または発注先証券会社のトラブル等のやむ負えない事情で、当該銘柄については、当日必要な売買が終値でできなかった場合(一部約定の場合)、会員からの申込申請の時間の順番で割り当てて、一部の申請について確定を行う。
当日確定が出来なかった申請については、翌日以降に持ち越して翌日以降の締めで確定させる。